トピックス

リビングリポートvol.28


T o p i c s 2日間で延べ2万5300人が来場!初開催の「ハンドメイド&雑貨フェア」

 

repo28-1.jpg

 

南日本リビング新聞社主催で、全国から約200の手作り雑貨店が出展し、6月22・23日に鹿児島アリーナで初開催された「ハンドメイド&雑貨フェア」。手作り作家と直接触れ合えるとあって、両日とも開場前から長蛇の列。延べ2万5300人の入場者を数えました。
場内は、バッグ、ビーズ小物、アクセサリー、木工家具、錫器、植物など、さまざまな商品が並び、ワークショップコーナーでは、幼児から年配者まで気軽に手作り体験をする姿が見られました。今回は県外からも人気のキッチンカーが参加。飲食まで楽しむ親子の笑顔が溢れた2日間となりました。

repo28-2.jpg

 

repo28-makino.jpg ポップアップストアも登場
協賛企業「楽しい手芸の店まきの」のポップアップストアが2日間限定で登場。
アンティークボタンやカットクロス、インスタで人気のドールチャームなどもそろうとあって、立ち寄る人が後を絶ちませんでした。

 


 


【編集企画部】リビング新聞の特集「平成ヒット商品」大好評。読者プレゼントに3000件を超える応募!

 

repo28-heiseihit.jpg
「リビングかごしま」と「リビングきりしま」では、平成最後の発行となった4月27日付号の特集で「鹿児島発! 平成ヒット商品」を展開。平成に生まれ、平成に大ヒットした鹿児島の10商品を紹介し、読者75人にプレゼントする企画です。 商品の魅力はもちろんのこと、商品が生まれた背景やヒットストーリーを合わせて紹介したこともあり、大好評。プレゼントには、3300件を超える応募がありました。

repo28-festivaro.jpg

応募が最も多かったのは、フェスティバロの「ラブリー」。平成3年から販売され、今や鹿児島を代表するスイーツ。読者の思いも強かったようです。
次いで、森三の「イチゴロール」、トワ・ベールの「アップルパイ」とスイーツが上位を占めました。

 


【事業推進部】上達をリアルに実感、音楽の個人レッスンが人気

 

repo28-vocal.jpg 「リビングカルチャー倶楽部」で今人気を集めているのが、フルート、バイオリン、ギター、ボイストレーニングなどの個人レッスン。
グループ受講に比べて受講料が高いものの、「集中して学べる」「自分のレベルに合わせて指導してくれるので、上達を実感できる」と好評です。
学びも個の時代へ。キャンセル待ちも増えています。

【ポスティングプロモーション部】「克灰袋」「区画整理だより」と行政広報、確実に!

repo28-posting.jpg 配布エリアが限定された行政配布物も受託するポスティングプロモーション部。
5月は桜島地域に克灰袋を1世帯100枚、6月は谷山地区限定で「区画整理だより」2種を配布しました。
「特に区画整理だよりは一部町丁の一部地区に配布するので細心の注意を払います」と担当者。一軒一軒地図を確認しながら確実な配布を行っています。