トピックス

リビングリポートvol.20


T o p i c s 「企業ニーズと働くママの声に応えたい」今年1月、「天文館てんてん保育園」誕生

てんてん保育園600_250.jpg 女性活躍推進法の施行以来、女性が生き生きと働ける職場づくりが進んでいます。そんな中、南日本リビング新聞社では、企業のニーズと働くママたちの多様な働き方に応えたい、と今年1月、企業主導型保育園事業をスタート。天文館シネマパラダイスが入る「LAZO表参道」の2階に「天文館てんてん保育園」を開園しました。 「企業主導型保育園」とは認可保育園と同等の保育士配置基準・施設基準に則り、内閣府の認可を受けて設置・運営する保育園のこと。定員は52人。リビングカルチャー倶楽部のキッズ講座の無料提供なども通して、豊かな感性と好奇心を育む保育を目指しています。 従業員のために詳しく知りたい場合は、弊社営業担当者まで。
HPはこちら→天文館てんてん保育園
経験豊富なスタッフが勢ぞろい

tenten02.jpg 「天文館てんてん保育園」の保育士は経験豊かなスタッフばかり。自らの子育て経験も生かし、家庭的でぬくもり溢れる保育を行っています。 また、栄養士と調理師がこだわるのは手作り。昼食もおやつも全て手作りし、子どもたちの食を支えます。


【営業企画部】鹿児島県主催のイベント運営を受託!「かごしまジビエレストランフェア」

 

jibie01.jpg

 

野生鳥獣を活用したジビエ料理の認知度を高めようと今年1月、鹿児島市内16の飲食店と一緒に「かごしまジビエレストランフェア」を鹿児島県が開催。その運営を南日本リビング新聞社が受託しました。1月11日には山形屋1号館7階社交室で試食会も実施。公募した90人を前に調理デモンストレーションを行い、みんなで試食。また、フェアには10日間で延べ5000人余りが参加し、多彩なジビエ料理を堪能しました。

ジビエサミットも同時開催
jibie02.jpgレストランフェア期間中の1月25日〜27日、日本ジビエ振興協会主催の「第4回日本ジビエサミット」も開催。獣肉・皮革加工品の展示やセミナーなどに、県内外からも多くの関係者が集まりました。

【編集企画部】「キラリ女性大賞」表彰式で、輝く笑顔満開!

 

kirari.jpg

女性ならではのアイデアで事業や活動を続ける女性を表彰する、第4回「かごしまキラリ女性大賞」。1月24日、鹿児島東急REIホテルで表彰式を開催し、5人の受賞者に表彰状と副賞のトロフィーなどを贈りました。
大賞に輝いた、本と人とをつなぐ「そらまめの会」の下吹越さんは「多くの人の応援が受賞につながった」と喜びを語りました。

【デリバリー部】新配布エリア開発で、ターゲット層へ確実に情報を!

haihuarea.jpg
リビング新聞をターゲットのファミリー層により効果的に届けるため、配布地域の見直しを行い、新エリアの開発に努めています。これまで配布していなかった新興住宅地などにも、現地調査を行った上で配布を開始。昨年11月からの4カ月で、姶良市の脇元・鍋倉地区など10エリアで、新たに約1700部の新聞配布が始まりました。