トピックス

2020年1月

2020年1月の記事一覧です。

リビングリポートvol.31


T o p i c s 女性活躍応援イベントが盛況!さまざまな角度から、働く女性を応援

repo31-josei01.jpg

2016年の「女性活躍推進法」、そして昨年施行の「働き方改革関連法」が追い風となり、誰もが働きやすく、能力を発揮できる環境づくりへの機運が高まっています。
昨年12月、鹿児島市の主催で開催されたのは「働く女性のためのトークカフェ」と「キャリアアップ支援セミナー」。南日本リビング新聞社が企画運営を担いました。
参加者同士、仕事の進め方やキャリアアップの実現に向けて熱心に情報交換を行い、最後は鹿児島市女性活躍アドバイザーの中村啓子さんが「感謝・謙虚・気づき・素直・根性を大切に働いて!」とエール。「頑張る勇気をもらった」と話す参加者の笑顔が印象的でした。

repo31-josei02.jpg

▲城山観光人事部部長の井手智美さんが テーマで特集を組み、読者に好評です。「自分らしさは必ず見つかる」と題し、講演

repo31-josei03.jpg

▲鹿児島市女性活躍アドバイザーの中村啓子さん(左から2番目)もトークに参加

repo31-josei04.jpg

 

【営業企画部】配布圏外の人も見られる住宅サイト開設!新聞では不動産特集「住む住む」がスタート

repo31-tagashira.jpg

営業企画部では、さまざまなイベントを行ってきた実績とノウハウをもとに、各種セミナーの受託にも力を入れています。企画の提案から、リビング新聞を使った集客、当日運営までを担い、好評です。一昨年から定期的に行っているファイナンシャルアドバイザー・田頭司さんのマネーセミナーにも、毎回多数の読者が参加。「子育て世代など、意図したターゲット層が参加してくれる」と、確かな集客力が評価されています。

repo31-moriguchi.jpg

医療セミナーも企画運営

森口病院の「依存症セミナー」の運営も受託。昨年7月は「ギャンブル依存症」をテーマに開催し、講演会やパネルディスカッションを行いました。専門家からのアドバイスで、悩みを抱えた参加者も勇気づけられたようです。


【事業推進部】カルチャー倶楽部で「朗読」の講座が人気!

repo31-jisui.jpg

リビングカルチャー倶楽部では「朗読」を3教室で昼夜計7講座開講中です。「音読が脳の活性化につながる」と男女問わず人気なのはもちろん、最近目立つのがビジネスマンの姿。背景には、「相手に伝わる声の出し方、話し方を朗読で身に付けたい」という思いがあるよう。リラックスした教室の雰囲気もそんな受講生の前向きな気持ちを後押ししています。


 

【ポスティングプロモーション部】謝恩会で配布員の皆さんに感謝の思いを届ける

repo31-pospro.jpgリビングかごしま・きりしま・シティプレスをはじめ、チラシ、官公庁の広報紙などを丁寧に仕分けし、各家庭のポストに確実に届ける配布の仕事。師走の声とともに毎年開催される「リビングレディ感謝のつどい」は、紙媒体による情報伝達のスペシャリストともいえる配布員の皆さんをねぎらい、感謝の気持ちを伝える弊社の一大イベントです。