トピックス

2017年1月

2017年1月の記事一覧です。

リビングリポートvol13


新企画「魚食アップ大作戦」スタート! イオンとのコラボで「天然ぶり」を販売

sakana2.jpg

全国でも最下位に近い鹿児島県の魚介類消費量を何とか底上げしようと、昨年秋から新企画「魚食(うぉーく)アップ大作戦」をスタート。第1弾では、魚が苦手な読者による「魚盛り上げ隊」を結成し、彼女たちのアイデアを反映させた、誰でも気軽に楽しめる魚料理のレシピを紹介しました。

協力店としてイオン九州鹿児島県内6店舗が参加。昨年12月8日〜11日、コラボ企画の「天然ぶり」の切り身を各店で一斉販売しました。

旬を迎えた天然ぶりはうま味も格別。その味と簡単レシピを多くの人に楽しんでもらうため、店頭 用に特製シールやPOPも作成。スペシャル感満載の売り場は関心を集め、売り上げも好調でした。今年3月、第2弾を実施予定です。

sakana3.jpg 紙面
uriba1.jpg

かわいい売り場で販売増!

イオン九州鹿児島県内6店舗の魚売り場には、ピンク色が目を引く特別コーナーが登場。

かわいいPOPは若い主婦層の関心を集め、売り上げも通常よりアップ! また、「魚食アップ大作戦」のフェイスブックページも開設し、会議やレシピの詳細を掲載中です。※「リビングかごしま」12月10日号で、コラボ商品販売のお知らせと完成したレシピを紹介しています。


【営業企画部】紙面で人気のコーナーが、街に飛び出した!「リビング主婦フェスタ 2016」を初開催

fes1.jpg

紙面で人気のコーナーや旬の情報を、現実に体感してもらおうと、昨年11月に初開催した「リビング主婦フェスタ」。会場の天文館ベルク広場には、多数の読者が来場し、美活レッスンや温泉講座、出張家計簿クリニック、カルチャー体験などをリアルに満喫していました。「主婦向けのイベントで楽しかった」と評判も上々で、「次もぜひ参加したい」という期待の声も聞かれました。

主婦フェス:ステージ

主婦がリアルに大変身!

紙面の人気コーナー「Stylist Note」監修のスタイリスト・能勢美弥子さんが、事前に応募した読者に合うファッションを壇上でコーディネート。

大変身した読者は口々に「勉強になる」「新しい私になれた気がする」と大興奮でした。


【事業推進部】年末恒例の「一日講座」、手作り系が人気!

毎年、夏休みと年末を中心に「一日講座」を実施しているリビングカルチャー倶楽部。昨年末に企画したのは37講座。今回もお正月飾りにぴったりの寄せ植えやしめ縄づくりなど、手作り系に人気が集中しました。  こうした一日講座は、リビング新聞のクライアント企業からも「自社イベントの集客ツールとして活用できる」と好評です。

【デリバリー部】2種の「ごみ出しカレンダー」、28万世帯に配布

鹿児島市の広報物の配布を数多く受託するデリバリー部。昨年12月に配布したのは「家庭のごみ出しカレンダー」です。  カレンダーは回収日によって緑・青の2タイプ。同じ町でもごみステーションの位置等で回収日が異なり、エリアを細かく確認しながらの配布が求められます。市と密に連携し、6日間で約28万世帯に配布しました。

gomi_calender.jpg

どの家庭でも生活必需品として重宝される「ごみ出しカレンダー」。緑と青の2種あります。