トピックス

2016年7月

2016年7月の記事一覧です。

リビングリポートvol10


「リビングおおすみ」いよいよ創刊へ! 3エリアでの発行で、県全域を活性化

「リビングかごしま」「リビングきりしま」に続き、いよいよこの9月「リビングおおすみ」が創刊! 予定配布エリアは、鹿屋市を中心とする大隅地域。文化圏・商圏として現在着実に拡大中の注目エリアです。

女性を中心とした読者に、ショッピングやグルメ、レジャーなどの身近な生活情報を届けるべく、8月第2週にはプレ版発行、9月第2週からは本配布の開始を予定しています。

3エリアでの発行は、南日本リビング新聞社の積年の念願。かごしま・きりしま・おおすみ、それぞれの魅力を他の地域へも発信するなど、3紙のネットワークで各紙掲載情報をさらに充実。県下全域での経済・文化活動の活性化に貢献していきます。


リビング新聞を各世帯に届ける際、欠かせないのが配布員=「リビングレディ」。鹿屋市内で募集を開始し、一部ですでに研修を実施、6月からは「リビングかごしま」を鹿屋市内で試験配布しています。手に取った地域の方にも「おおすみ版の創刊が楽しみ!」と評判上々です。


【事業推進部】子どもたちにグローバル社会で生き抜く力を!7月、「ゆめキャンパスJUMP」開校

jump0246.jpg

子どもたちがこれからのグローバル社会をたくましく生き抜くため、自ら考え行動できる能力を育成しようと開校した「ゆめキャンパスJUMP」。対象は小学生。

鹿児島大学産学官連携推進センターとウェルネス学習トレーニングセンター・南日本リビング新聞社が共同開発した教育プログラムを用いて指導を行います。

「鹿児島の子どもたちにも論理的思考を学ぶ場を提供したい」と担当者。新しい学びの場に各方面からも関心が寄せられています。

yumeseminars.jpg
開校記念セミナーも好評

6月に「10歳から考える大学受験」をテーマに開校記念セミナー を開催したところ、34人が参加。 2020年度に導入予定の大学入試改革の話に、熱心に耳を傾ける参加者が目立ちました。


【編集企画部】受託制作の「ユーミーエージ」、主婦目線が好評

編集企画部の業務の主軸は 「リビングかごしま」をはじめとする新聞制作ですが、一方で地元企業から委託を受け、さまざまな発行物も制作しています。その一つが、ユーミーマンションフランチャイズチェーン本部を構える弓場建設が発行する「ユーミーエージ」。入居者とオーナー向けの情報誌で毎号、主婦目線の生活情報が好評です。

yumi.jpg

写真は3カ月に一度発行される「ユーミーエージ」。今年1月に創刊100号を迎え、記念号では代表取締役の弓場昭大さんのインタビューを掲載


【デリバリー部】ママ友への〝商品手渡し〟で効果の高いサンプリングも

リビング新聞を毎週配布する 〝リビングレディ〟は、サンプリング活動も行っています。日頃から親交のある友人知人への「手渡しサンプリング」や、実際に店舗で商品を購入して体験してもらう「買って試してサンプリング」など方法もいろいろ。 居住エリア・年齢・家族構成など対象を選んで、効率良く商品を宣伝できると好評です!

sampling3257.jpg

6月23日〜30日に試供品と商品紹介チラシが同封されたセットの〝手渡しサンプリング〟を実施。購入できる店舗へと誘導します